企画展「地下から出てきた『おもしろいモノ』集めました −鉱物・岩石・化石−」

開催期間

2021年1月23日(土)〜4月4日(日)

概要

 自然史資料館が開館して以来、学芸員が自ら地学標本(岩石、鉱物、化石)を収集するとともに、個人ならびに他機関から数多くの標本の寄贈や移管を受けました。収蔵された標本は、主として石川県内産のモノですが、県外や国外で産出したモノもあります。これらは当館および石川県民にとっては貴重で有用な資料であり、後世に残すべき財産です。この展示では、未公開の標本を中心に紹介し、それらの重要性や面白さなども含めて解説します。一部の標本は触察できますので、手触りや重さなども実感していただきたいと思います。