資料館の紹介

利用の案内

見る

参加する

団体向け

館の舞台裏

関連リンク

公開シンポジウムの開催について

「生物文化多様性とは、何か?」

170227GensukeD.jpg170227Yatsume.jpg
 皆さんは、「生物文化多様性」という言葉を聞いたことがありますか。聞いても素直に何を指しているのか不明、と感じる人もいるのではないでしょうか。
 私たちは古くから田んぼ、里山、森などに棲んでいるさまざまな生物と共に生活し、その関わり合いの中から伝えられた稲作をもとにした生活様式が誕生し、さらに衣食住の様式、祭り等の多様な文化が生まれてきたと考えております。しかし、現在、私たちの生活様式が大きく変化して長い何月を積み重ねてきた伝統的な貴重な文化や豊かな自然さえも失われつつあり、危惧しております。
 このような状況から皆さんとともに生物から受ける恵沢とそこから発生する文化の多様性について考え、豊かな生活への利活用と地域の多様な文化の維持・継続の方法について考えなければならない時期にあると考え、下記のように公開シンポジウムを開催するに至りました。是非、ご参加ください。

チラシはこちら第28回公開シンポジウム

日時:平成29年3月5日(日) 13:30〜16:00ごろ
場所:石川県立自然史資料館 教育普及棟2Fコミュニケーションホール
   金沢市銚子町リ441番地 バス停「銚子口」下車徒歩約10分
参加・入場:無料
問い合わせ:076−229−3450

【後援】 石川県・金沢市

←第22回企画展 開催中(2017/02/04)  | トップページ |