白山のライチョウ

1936年9月に北弥陀ヶ原で拾われた個体で、県内産ライチョウとして残されている唯一の剥製標本です。
これ以降に正確な記録はなく、白山のライチョウは絶滅したとされています。