企画展「いしかわの生物多様性とレッドデータブック」(開催中)

開催期間

2020年9月19日(土)〜12月27日(日)

概要

 「いしかわレッドデータブック」は、石川県に分布する野生生物(動物、植物など)のうち、絶滅のおそれのある種(絶滅危惧種)をリストアップし、その生息状況をとりまとめたものです。今年 2020年 に最新版「いしかわレッドデータブック2020」(動物編と植物編の2冊)が刊行されました。本展では、レッドデータブック、生物多様性などのちょっと難しい用語をわかりやすく解説するとともに、絶滅危惧種のみではなく、外来種やツキノワグマ、ニホンジカ、イノシシなどの獣害問題も含め、石川県の生物多様性の現状と課題を紹介します。豊かな自然を次世代に引き継ぐ取り組みについても、わかりやすくまとめます。

今年刊行された「いしかわレッドデータブック2020」は第3版となります。

特別展示『トキ「能里」が、いま語りかけるもの』 会期:11月1日~7日

本州最後のトキ「能里」の剥製(県立歴史博物館所蔵)を 期間限定で8年ぶりに 特別展示します。絶滅したトキに思いをいたすとともに、佐渡を中心とした野生復帰の経緯をたどります。また、石川県で展開している活動「人と自然が共生し、ふたたびトキが舞う里山里海を未来の世代へ」を紹介します。

展示協力 石川県立歴史博物館

リレートーク「トキやコウノトリが舞う里山をめざして」第1回 特別展示によせて “能登最後のトキ「能里」をめぐる語りあい” 11月1日 (14:00-16:00)開催

かつて能登には、トキが群れ飛んでいましたが、しだいに数が減り、1970年(昭和45)に最後の一羽が、国の指示で穴水町で捕獲され、佐渡へ繁殖のため移送されました。そのとき能登(同時に本州)のトキは絶滅しました。その個体は翌年死亡し、いま「能里」という愛称で、石川県立歴史博物館に剥製が保管されています。当館のトキ「能里」特別展示の初日(11月1日)に、リレートーク(第1回)を開催し、石川県の歴史と文化のなかのトキに関する講演と、長年トキにかかわってこられた3名のゲストから絶滅前のトキ体験を聞きます。絶滅したトキを思い、人と自然が共生し、ふたたびトキが舞う里山里海が復活するよう、みんなで語りあいましょう。

【会場】 自然史資料館コミュニケーションホール【定員】40名

-基調講演- 濱岡伸也(石川県立歴史博物館・学芸主幹兼資料課長)「石川県の歴史と文化のなかのトキ」

-トキがいた能登(証言と提案)- 石下哲雄(輪島市三井町、元・石川県健康の森 総合交流センター・館長)/ 唐川明史(七尾市中島町、朱鷺棲む里山鉈打クラブ・代表)/ 西屋 馨(羽咋市次場町、NPO法人日本中国とき保護協会・事務局長)

【参加申込先】(電話でお願いします)〒920-1147 石川県金沢市銚子町リ441、Tel 076-229-3450

Zoomによるオンライン中継申込は、以下にメールして下さい◆ 石川県立自然史資料館・館長 中村浩二 (kojink@me.com、080-3814-2382)

【オンライン開催! 来館視聴もOK】シンポジウム「いしかわレッドデータブック2020を読み解く-解説&討論」11月28日開催(13:00-16:30)

いま地球上では生物の大量絶滅が、かつてない速度でおきており、過去100年間で絶滅速度が1000倍に増加しているそうです。日本では、環境省発行のレッドデータブックに絶滅のおそれのある野生生物の種(絶滅危惧種)のリストと現状がまとめられています。すでに国内の哺乳類の21%、鳥類の14%、両生類の33%、維管束植物の25%が絶滅危惧種であり、さらに増えつづけています。

では、石川県でも絶滅危惧種は増えているのでしょうか?何のためにレッドデータブックはつくられているのでしょうか?野生生物を絶滅から守るために、私たちは何をすればよいのでしょうか?これらの疑問にこたえ、みなさんと討論するためにこのシンポジウムを企画しました。

今年7月に「いしかわレッドデータブック2020」(注)が刊行されました。本書には、県内の絶滅のおそれがある野生生物のリストと現状がまとめられています。しかし、県民には、刊行がほとんど知られていませんし、内容もわかりやすいとはいえません。

このシンポジウムでは、石川版レッドデータブック作成の経緯、動物と植物の絶滅危惧種の現状の解説(パート1)と、本書を活かした自然環境と野生生物の保全、10年後の「レッドデータブック2030」刊行にむけた課題のディスカッション(パート2)をおこないます。 (注)動物編と植物編の2分冊。初版は1999年、第2版は2009年(動物編)・2010年(植物編)に刊行、本書は第3版です。10年後には、第4版を刊行しましょう。

実施法:オンラインと来館 

◇本シンポジウムは、(1)オンラインWebinar(zoom)で開催します。(2)インターネット環境にない方、来館を希望される方は、自然史資料館内(2Fコミュニケーションホール)にて同時中継を視聴できます。

◇申込先 お名前、連絡先、参加方法(1.オンライン、2.来館)をお知らせください。

 あて先 メール:nakano@n-muse-ishikawa.or.jp (自然史資料館副館長 中野真理子)

     FAX:076-229-3460 (自然史資料館(代))

★本シンポジウムは事前登録が必要です。オンライン参加の方へは、事前にzoomのリンクをお送りします。 締切:11月28日12時

プログラム

13:00-13:10 開催挨拶・趣旨説明(中村 浩二 石川県立自然史資料館館長)

13:10-15:10 【パート1:解説】 「いしかわレッドデータブック2020」で明らかになったこと

 ・哺乳類、鳥類、昆虫、植物など、さまざまな生物ごとに解説や問題についてお話しいただきます。

15:20-16:25 【パート2:討論】 今から取り組むレッドデータブック2030

 ・県内の生物多様性と自然環境の保全のために、活用法や課題について討論しましょう。

16:25-16:30 閉会挨拶