オンライン ! 石川県立自然史資料館「オープンミュージアム2020」 『石川の自然と文化に触れるビオトープつくり』

このワークショップは終了しました。

参加登録の方法

5月17日13:30〜16:00に実施される、オンライン・ワークショップ『石川の自然と文化に触れるビオトープつくり』は、Webinarにより実施されます。

このウェビナーに事前登録するには、以下のURLをクリックして下さい。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_7cHWXj4WTpCfvB5u5xsHzg

ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

プログラムは以下です

オンライン!石川県立自然史資料館「オープンミュージアム2020」

『石川の自然と文化に触れるビオトープつくり』

自然史資料館が去年から始めた国際博物館の日(5月18日)と国際生物多様性の日(5月22日)のオープンミュージアム。2年目の今年は「オンライン!」です。

ぜひご参加ください。

日時:2020.5.17.(日) 13:30~15:30

オンライン:Webinarでやります。メールでお申し込みください。開始30分前までにzoomのリンクをお送りします。

Facebook: https://www.facebook.com/events/235180587714175/

プログラム

○ 総合司会 中野真理子(石川県立自然史資料館)

 

○趣旨説明・司会

13:30-13:45(15分)

中村浩二(石川県立自然史資料館)

『オンラインでのぞいてみよう!石川県立自然史資料館』を含む

 

○事例報告と問題提起(75分)

13:45-14:00

佐野直茂(金沢市辰巳農園)  辰巳用水三段石垣自然園の活動

14:00-14:15

川畠平一 (里山自然学校こまつ滝ヶ原)小松市滝ヶ原における里山自然学校とビオトープ活動

14:-15-14:30

宇都宮大輔 (珠洲市自然共生室・能登SDGsラボ)里山里海と人をつなぐ珠洲市の取り組み

14:30-14:45

高橋久(NPO河北潟湖沼研究所)河北潟と流域、ゆりかごとしての水田

14:45-15:00

大田 豊(白山市鳥越) 自然共生をめざす白山渡津ホタル米づくり(仮)

 

○コメント・提案(30分)

15:00-15:04(4分)

野村進也(石川県森林公園)

15:04-15:08(4分)

井上尚子(いしかわ自然学校)

15:08-5:12(4分)

永井三岐子(国連大学OUIK)

15:12-15:16(4分)

菊地直樹(金沢大学)

15:16-15:20(4分)

上野裕介(石川県立大学)

15:20-15:24(4分)

マエキタミヤコ(環境広告サステナ)

15:24-15:30(6分)

まとめと次回予告  中村浩二(石川県立自然史資料館)

15:30-16:00(離席自由:残りたい人はご自由に:30分)

質問タイム  司会:中村浩二